2016年2月18日木曜日

7年目は熟成期

2009年から、私の音楽生活はガラッと変化してマリアハープ一辺倒になりました。周囲の応援もあり、マリアハープを必要とする人も増えてきたので、研究と普及活動に時間をかける日々が続きました。2013年に特許庁に正式な楽器認定許可されるまでは想像もつかない 様々な事が多々ありましたが、何とか無事に現在に至っております。
指導者の育成を目標として始めたマリアハープ教室ですが、最近は一般の方も受け入れることもあります。その場合、13弦のミニタイプ(¥33000〜)を使っていただきます。認定アシスタントが指導する場合もあります。

進級テストを受ける方は、大まかに 1~2級は基礎、3級は和音奏、4級は弾き語り、5級は転調アレンジ楽譜作成、6級はスイング・ワルツのデュオ演奏参加、の課程で、4級合格以上の方から「マリアハープアシスタント」として認定、教室のミニコンサート、地域でのチャリティー等で演奏に参加しています。
皆さん0からの出発でしたが、現在ほとんどの生徒さんが4級、5級以上になりました。今後は それぞれの人生の中でマリアハープを生かせたら最高ですね。

7年目のマリアハープは熟成期。大切な人の言葉を胸に、マリア味記子もリニューアルしたいと思います。


3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...