2013年1月13日日曜日

1/12 (土)摩寿意英子ハープリサイタル (大阪倶楽部ホール)

伝統ある大阪倶楽部のレトロなホールで、摩寿意英子さんのハープリサイタル。正倉院の四弦琵琶と復元の箜篌による演奏や、西垣林太郎氏のロマンテイックギター(19世紀ギター)の演奏もあり、弦楽器の数々をゆったりと堪能したひと時でした。
日本ハープ協会の理事でもある摩寿意英子さんは、東京芸大の日本画科卒業後に、絵筆をハープに持ちかえた方。以来数々の功績で、日本のハープ界をリードされています。
私のマリアハープの普及についても、ご理解をいただいているので、心強い味方です〜♫

今日 演奏に使われたシングルアクションのハープがとても魅力的だったので、一緒に行ったマリアハープ教室生徒の成美さんが写真を撮ってくれました。


シングルアクションのハープ

ダブルアクションのハープ

ホールの様子

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...