2011年12月4日日曜日

竪琴を弾くマリア観音図〜朝倉義弘個展12月1日〜25日:三木市湯の山ギャラリー

三木市湯の山街道にある、恐竜の化石コレクションで有名な湯の山ギャラリーへご挨拶に行って来ました。来年の辰年を記念して今月25日まで、鉛筆画家朝倉氏の龍の絵受賞作の個展が開かれています。私とマリアハープがイメージモデルになった作品、通称「マリア観音」も太洋美術展で神戸市長賞をいただいたので、一緒に展示されていました。
朝倉氏が画廊風らんのマリアハープコンサートに来られてから約半年かけ、鉛筆だけで描かれた想像画。観覧に来られたお客さまが、「その間マリアさんはずっとこの格好だったんですか?」の質問に思わず苦笑いでした。

龍の絵とは対照的に柔らかなボデイラインのマリア観音・似てるかしら?

向かって左から油絵画家橘田先生、
中央 鉛筆画家朝倉氏、マリア。

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...