2017年9月3日日曜日

マンチェスター博物館にある古楽器 Dital-harp


ディタル・ハープ又はダイタル・ハープは、1800年ごろ、イギリスのオルガン奏者、音楽家 エドワード・ライトが、自身のために作った弦楽器で20弦の音域。 弦の長さを変えるためのメカニズムが組み込まれているようです。 dital というのは、ピッチを変化させるためのレバーが付いていることを表していて、どのように演奏するのか想像できませんが、ハープにフレットをつけた発想のようです。
この楽器の事は、マンチェスター博物館に展示してある事で知りましたが、1820年代の楽器が現存していることがわかりました。その楽器は、ヨーロッパの楽器商の手元にあります。マリアハープとの共通点がたくさんあるので、実物を手に取ってみたいものです。
当時は両手で弾いているようですが、弦の並びはきっとマリアハープと同じで、左が低音、右が高音です。もし、日本に送れる状態でしたら、10月のコンサートの頃には見ていただけるかもしれない、なんて楽しみに返事を待っているところです。

ディタルハープ

背面


0 件のコメント:

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...