2017年12月6日水曜日

ヴァイオリンと病院コンサート練習

昨年は入院中につき私だけ欠席した恒例の病院コンサート、今年は必ず行きますのでよろしくお願いしますね!

1820年製ディタルハープ:1700年製ヴァイオリン

彼此30年近くピアノ伴奏しているヴァイオリンの坂根猛氏と、久しぶりの音合わせでした。チェロの川畑先生が他界後は、ヴァイオリンとピアノ演奏を年2回 加古川市内の病院でコンサートを続けています。マリアハープが出来てからは、マリアハープも演奏しますし体験していただいたりしています。
今年は、ディタルハープがやって来たので、ヴァイオリンと合わせて見ました。病院には、ピアノよりハープの方が柔らかな音色で良いと思います。

2年ぶりの音合わせ、ウオーミングアップにバッハを弾いていただきました。お嫁に行ったYAMAHAのピアノも健在で、このG2タイプはキラキラ音なんです。真っ黒のグランドを、楽器屋さんが塗料を取り除いてローズウッドの木目が見えるようにしたもので、ワインがかったブラウンが鮮やかです。マリアハープの色と似ていますね。



0 件のコメント:

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...