2017年10月28日土曜日

台風とマリアハープコンサート

台風の接近する中、東京からギタリストの長谷川郁夫氏が修復完了の19世紀ギターを受け取りにやってこられました。22日のコンサートは、時間を早めて午前10時からに変更し行いました。

21日はロッジSPHでリハーサル。この日にはなんとか声が出るようになっていましたが、話をすると咳き込むので、できるだけマスクをして無口でいようと苦しい努力、、、明日の司会進行は、田中清人さんにしていただきます。
マリアハープは、22弦タブノキ材、17弦モアビ材、広島スーリール製作17弦ヒノキ材、の3台を使います。



お互い、音に制限のある楽器ですが、夏に東京で5日間音合わせをしていたので、スムーズに進みました。 最後に楽器を持ち替えて、私がリラを弾きます。かなり腕が痛いですね。。。




翌朝は、7時半にロッジを出発してカフェ日葉さん入り。大雨にも関わらず会場いっぱいのお客様にお越し頂き感謝申し上げます。

関西では聴くことのできない リラギターとマリアハープのコラボ、そして19世紀ギターのコンサートは、初めての企画です。それに加え修復完了したディタルハープも展示いたしました。こんなチャンスはこれからも滅多にないので、来ていただけて良かった〜!
悪天候の中お越しになったお客様には充分満足していただきたいと思いながら、クラシックギタリストとの初めての共演を無事終えることができました。

リラギターの研修に東京までレッスンに伺い、マリアハープと19世紀ギターのレパートリーを考えているところで、今回のコンサートの運びになりました。8歳になるマリアハープと200歳のディタルハープ、これからの課題としてリラギターや19世紀ギターとの合奏曲を構築していきたいと思います。









長谷川さんのブログにも記事が載っています。
http://has.tea-nifty.com/blog/2017/10/5-b1b2.html

田中清人さんのブログです。
http://kiyond.blogspot.jp/2017/10/blog-post_23.html

この日の曲リスト。
予定曲

0 件のコメント:

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...