2017年7月28日金曜日

幸せのマリアハープ♫

8月でマリアハープ満8歳になります。楽器としても 一応完成したように思います。先々多種多様に変化する時もあるかもしれませんが・・
マリアハープは、母の心身リハビリの為に考案し具体化たのが始まりですが、実はもっと昔に考案していたのです。 オーケストラ指揮法を学びに社会人入学した兵庫教育大学の 保科洋研究室時代、自身の作品集CD制作の為の合唱団指揮で、頚椎を痛め激痛、真っ直ぐ立つことが出来なくなり市民病院に2ヶ月間の安静生活の時。22年ぐらい前です。
その時、右手が使えなくなるかも知れない自分の為に思いついたのでした。しかし、2ヶ月後の退院時には回復していたので、イメージデッサンも設計図もすっかり用の無いアイデアに終わりました。

母が倒れ、音楽教師だった母の為に、そのアイデアを思い出し、具体化することになったので、3ヶ月という短い期間に形になりました。
パーソナリティをしていた FM番組企画準備の為に、楽器製作家の方々をリストアップしていたこともあり、幸運にも素晴らしい作家さん方のお力をお借りすることが出来ました。誰かの為に役に立つことの喜びは、人間の本能なのかも知れませんね。今日もこれからも、マリアハープに出会った人が 今まで以上に幸せになりますように。

0 件のコメント:

3月の出張

3月は篠山教室の カフェ・ひとやすみ主催おひなさまイベントが継続中です。その合間をぬって広島集中レッスン、大分県の音楽堂完成記念に伺ったりと多忙な時間を過ごしていました。 ◆吉松監督作品映画「かたひらこ」劇中に、私の 「妖精の歌」を採用して頂いたので、その上映会に合わせて広島へ...